秋田県の介護サービスなら株式会社虹の街

ケアプラン(居宅介護支援)

心と体と家族に寄り添った
十人十色のプラン

ケアマネジャー(介護支援専門員)が、ご本人の希望に合ったケアプラン(居宅サービス計画書)を提案。お客様に寄り添い、向き合いながら、介護をする側も、受ける側もご満足いただけることを大切にしています。頼りたくなるケアマネジャーがここにいます。

私たちの心はここにあります

一番大変なのはお客様

私たちが寄り添うのはご本人とそのご家族。それぞれに朝起きる時間も、夜寝る時間も違って当たり前なのです。お客様の「ふつう」を考え、先入観なく向き合います。

人の輪が私たちの財産

ケアマネジャーひとりの力は小さいけれど、介護サービスに関わる人のご縁は大きく、それは私たちの財産です。お客様が満たされるサービスのご縁をつなぎます。

お客様は人生の先輩

お客様の多くは私たちの人生の先輩です。先輩の介護をお手伝いするなかで、人として学ぶこともまた多くあることを心しています。感謝の気持ちを持って伺います。

虹の街の特徴

お客様第一主義

お客様はご本人とそのご家族です。ご本人への介護サービス提案だけではなく、ご家族の介護負担軽減へつながる視点も合わせ、トータルサポートいたします。

機関連携のプロ

訪問介護、訪問入浴、訪問看護、デイサービス、ショートステイ、福祉レンタルなど、さまざまな介護サービスやネットワークを連携させ、ご希望に合ったサービスを立案します。

目標と責任

お客様の目標に近づくためにケアプランの見直しも行います。一企業としての責任を果たすために、関係機関と共有しながら、一歩ずつ目標に向けて進めるように努めます。

サービスの流れ

アセスメント

ケアマネジャーは、介護サービスを利用したい方からの相談を受けると、そのお宅を訪問してご本人やご家族と面接し、心身の状態や希望を把握し解決すべき生活課題を明らかにします。

計画原案作成

ケアプラン作成の依頼を受けると、地域のサービス情報を提供し、ご本人、ご家族からの意向を確認しながら計画の原案を作成します。

サービス担当者会議

原案ができると、ご家族とサービス提供に関わる関係者とで、サービス担当者会議を開催しサービスの調整を行います。介護の必要な方の在宅生活を効果的に援助するには、主治医をはじめ多くの関係機関との連携が重要です。

サービス提供開始

ご家族にケアプランの説明を行い同意の確認をします。同意した後でも必要があればその都度、計画の見直しを行います。

モニタリング

ケアマネジャーはサービス提供の実施状況について、サービス事業者から報告を受け連絡調整を継続します。またご本人、ご家族との定期的な面接により介護状況を把握し、必要に応じて計画の見直しを行います。これをモニタリングといいます。

介護保険サービスを利用するには・・・

ケアプラン(介護サービス計画)の作成を依頼することについて、ご本人の費用負担はありません。要介護認定の申請はケアマネジャーが代行することができます。また利用者本人がサービス計画を作成することもできます。

サービス提供事業所

県北エリア

大館営業所 ・鷹巣営業所 ・能代営業所

県央エリア

ケアプランセンター虹の街

県南エリア

虹の街おおまがりケアプランセンター ・本荘営業所
横手営業所